カラーセラピーは独学で取得できる?仕事に役に立つのか?

カラーセラピーは独学で取得できる?仕事に役に立つのか?

色で人の心理を読み解くカラーセラピスト。

カラーセラピストは独学で取得可能な資格なのでしょうか?また資格取得後は仕事に役に立つのでしょうか?それ以外にも「どんな人に向いているのか?」とか「カラーセラピストになるにはどうすれば良いのか?」など気になることについて分かりやすく解説します!

カラーセラピストを知りたい方には必見の内容です!

カラーセラピストとは

カラーセラピストとは、色の持つ不思議なパワーを用いて相談者の深層心理を理解してその人の状況にあった最も適切な色を提供して心を切り替えることのできる資格です。

人は精神状態によっては「色の好みが変わる」と言われています。その理由は精神状態が不無意識に好きな色、求めている色が変わるからだと言われています。カラーセラピストはその時の好きな色を聴き心の状態を読み解きます。

そして自分でも気づけていない気持ちを理解して、教えてあげて、その気持ちを切り替えるのをサポートするメンタルケアが行えるように成れます。

カラーセラピストでは以下の4つの効果が得られると言われています。

アウェアネス効果
アウェアネス効果とは心の奥底の気持ちに気づいてあげることを言います。心の奥底にある深層心理に気づくことで前向きに生きることがで新しい明日への方向性が見えてきます。
カタルシス効果
カタルシス効果とは深層心理を表現して浄化するという意味です。思いを語り色に表したりすることで心の中が洗われて、溜まっていたものが開放される気分になります。自分の心理を理解して癒やしを感じることのできます。
カウンセリング効果
人の悩みや不安、心の状態は人に話すことで心がスッキリすると言われています。カラーセラピストは普通のカウンセラーと異なり色を介入して心理状況を読み解くので心の状態を相手に伝えやすいのが特徴です。
レクリエーション効果
心の状態に応じして心を軽やかにする色を使って作品を作ったり、手を動かすことで気分転換になります。楽しみながら心が癒やされていきます。

カラーセラピストは色の知識はもちろんですが同時に「カウンセリングスキル」も求められる資格です。なので色の知識と同時に人の心を癒やすカウンセリングも学ぶ必要があります。

そこでオススメなのが「ユーキャン」です。

ユーキャンではオールカラーのテキストで分かりやすく学ぶことができ、カウンセリングスキルが学べるDVDやカラーカード、実践ブックなど多くのオリジナル特典付いてくる通信講座です。全4回の添削があるので独学よりも学びやすく分からないことは気軽に質問可能です。

もっと色々と知りたい方は資料請求を申し込みましょう!

\体験談や限定情報が載っています/無料の資料請求はこちら

カラーセラピストに向いている人

カラーセラピストはどんな方に向いているのでしょうか?

以下に当てはまる方にはおすすめです!

色に興味がある方

カラーセラピストは色で人の心理状態を読み取ることができます。なので色に興味がある方はカラーセラピストはおすすめです。色によってイメージが異なったり、周りの色を替えるだけで気分が変わるのは何故だろう。

その様な素朴な疑問がある方には勉強してみても良いかも知れません!

ストレスを和らげたい方

日頃のストレスは様々な解消法があります。特に模様替えすると気分がリフレッシュしたりしますよね。その時にインテリアや家具の色合いで気分が変わったりしませんか?

色によって気分がリフレッシュしたり、どんよりしたりするものです。カラーセラピストでは色のイメージを勉強するので色によるストレス解消にも期待できます。

ストレスを自宅で解消したい方にはおすすめのスキルです。

メンタルケアやセラピーに興味がある方

メンタルケアやセラピーにもカラーセラピストはおすすめです。色は老若男女問わずに今日を持ちやすく癒やしを感じやすいのが特徴です。男女によって心の状態を読みやすい読みにくいというのがありますが色を用いることでその壁が薄くなります。

メンタルを癒せるセラピストを目指せます!

福祉や介護で働いている方

福祉や介護でもセラピストのスキルは役に立ちます。そしてカラーセラピストは他のセラピストと違い相手も話しやすくいというのが特徴です。色で相手の深層心理を読み解くことが出来るので心理の導入としてもおすすめです。

インテリア業界で働いている方

インテリア業界といったカラーを大切にしている業界で働いている方にもカラーセラピストはおすすめです。インテリアは色味のちょっとした誤差で売上や印象がガラリと変わってしまうのが特徴です。

色の心理学について勉強したい方にもおすすめ。

カラーセラピストは仕事の役に立つ?

カラーセラピストは仕事の役に立つのか?

福祉や介護、インテリア業界の方には役に立つ資格です!

しかしそれ以外の方はあまり仕事とは直結しない知識であると言えます。しかしデスク周りや自宅の家具やインテリアと言ったところで役に立つので損することはありません。自分の今の気持ちによって色味を変えて集中力・リラックスと気持ちを自由にコントロールできます。

カラーセラピストは取得しても腐りにくい資格です!

カラーセラピストになるには?独学でも取得可能?

カラーセラピストは独学でも取得可能なのか?

カラーセラピストは通信講座、または通学講座にて取得可能な資格です。なので独学ではどうやっても取得することは不可能なので通信講座を利用しましょう。認定された通学講座は何個かありましたが近くない人のほうが多いと思います。

なので私は「通信講座」をおすすめします。通信講座はユーキャンで主催されており、ユーキャンでは様々な特典もついているのでおすすめです。検定試験は全てマークシート方式だし在宅受験なので会場に足を運ぶ必要もありません。

カラーセラピストの資格取得ならユーキャンで決まり!

試験概要

受験資格 制限なし。
年齢・学歴等の制約はなく、どなたでも受検できます。
合格率 不明
試験方法 マークシート方式。
合格基準 60%以上の正答率。
試験日 通年。
受講期間内なら再々試験まで受験可能。
会場 在宅受験。
費用 ユーキャンの講座代のみ。

カラーセラピストと他の色彩資格との違い

カラーセラピスト以外にも色に関わる資格は存在します。

他にはどういった資格が存在するのでしょうか?

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターとはオフィスや自宅、テレビ、雑誌、ショップなどで溢れかえっている色彩の知識を身につけることが出来る資格です。専門職へのキャリアアップに使えます。

色彩心理ファシリテーター

色彩心理ファシリテーターとは色と心のメッセージを読み解き、勇気づけるスペシャリストのことです。言葉で言い表せないことも色でなら伝えることができるかも知れません。アドラー心理学を基に多くの心理学と融合させたカラーセラピスト資格です。

色彩心理学療法士

色彩心理学療法士とは日本色彩心理学研究所が主催する色彩を用いた新理学療法のエキスパートです。人間性の回復や心身の結合の創作活動や表現を行います。

色彩心理診断士

色彩心理診断士とは、マックスリュッシャー博士により考案された色彩心理学です。統計に基づいた8色の色で人類に共通する心理構造の中で起きる心の動きを論理的に分析することができます。

カラーセラピストの本・書籍まとめ

カラーセラピストの通信講座ならユーキャンがおすすめ!

カラーセラピストの資格取得なら通信講座!

通信講座なら「ユーキャン」がおすすめです!

ユーキャンではオールカラーのテキストなので分かりやすく、テキストと連動したDVDも特典として浮いてきます。わからない部分はいつでも気軽にメールや郵便で質問可能です。通信講座の最大の利点とも言える添削は全部で4回もあります。

ユーキャンで申し込むと以下の3つの特典が付いてきます。

DVD
カウンセリングスキルも学べるDVDがユーキャンでは特典として付いてきます。テキストだけでは分かりにくいカウンセリングスキルもユーキャンならしっかりと学べます!
カード
ユーキャンでは88色の色彩交流カードと64色のカラーカードが付いてきます。カラーセラピストとは色を使って人の心理状況を読み取ります。しかし肝心な色が手元になければカウンセリングできませんよね?ユーキャンは教材が届いた日から実施可能。
実践ブック
カラーセラピスト実践ブックではコラージュ作品を作るカラーセラピーやカラーワークでの使用に便利な特典ついてきます。豊富な例題が掲載されているので分かりやすいのが特徴です。

カラーセラピストを学ぶならユーキャン一択ですね!

講座費用は一括で38,000円、分割だと3,880円×10回です。

色によるセラピーについて学びたいならカラーセラピストはおすすめです。色に興味がありメンタルケアやセラピーを学びたいと思っている人や福祉や介護、インテリア業界で働いている方にはカラーセラピストの資格取得はとてもおすすめですよ!

もっと詳しく体験談とかお得な申し込み方を知りたい方はまず資料請求から!

\色彩で人の心理を読み解くスキル/無料の資料請求はこちら